私たちの信念


  • 聖書が、各著者への聖霊の完璧な導きのもとに書かれ、全ての箇所において、神が人々の救いを望まれてこの世にお現れになったことを示すものであるということを信じます。聖書が、信仰と信仰生活における唯一、そして絶対的な基準であると信じます。
  • 生ける真実の神は唯一であり、3つの人格 —父、子、聖霊— として永遠に存在することを信じます。
  • 神がこの世の全てを創造された、見えるものと見えないもの全てを何もないところから創造されたことが、神の絶対的な権威を示すものであると信じます。
  • 最初の人であるアダムは神ご自身のイメージに創造され、神との正しい関係にありましたが、悪魔に誘惑され罪を犯し、そのために霊的・身体的両方の死を経験したことを信じます。それゆえに、全ての人間が原罪を持って生まれ、思考・言葉・行いの面で罪人であることを信じます。
  • 主イエス・キリストは真に神であり、真に人間であることを信じます。彼は聖霊により生を受け、処女マリヤのもとに誕生し、この世の人々の罪のために十字架で死に、埋葬され、死後3日目に蘇ったことを信じます。彼が天に昇り、神の右の座に着かれ、そこで私たちの大祭司としての役割を全うされていることを信じます。
  • 聖霊は罪人の罪を気づかせてその罪から立ち返らせ、罪人を神の子とし、キリストの存在に従わせる役割を持った人格であることを信じます。そして、人々を世界の福音のために用いられるよう力づけてくれる存在でもあることを信じます。聖霊には権威があり、神を喜ばせることを行う真の自由を持つ存在です。彼は、教会の啓発を望まれて恵みの贈り物を下さる方です。
  • 普遍的教会は、キリストの体であり、聖霊により生まれ変わった人々によりキリストを頭として構成されています。この世にける教会は、その頭に適し、信仰と生活の純潔さを保ち、全人類に福音を宣べ伝えるべきであることを信じます。
  • 私たちは、水での浸礼を信じます。洗礼は人の内に神が働かれ人が救われたことの目に見える象徴です。これは、罪を悔い改め信仰イエス・キリストに置いている神の人々に所属するということを目に見える形で示すものです。
  • 私たちの主であり救い主であるイエス・キリストは個人的に、身体的に、そして目に見える形で再びこの世に来られることを信じます。彼は、義とされる者、不義とされる者両者の体を蘇らせ、片方には永遠の至福を、もう一方には永遠の罰をもたらし、その後全てを新しくし、父なる神の御国を実現されることを信じます。